向かう

2014/01/27

DSC_0477

─彼らは「向かう」んです。例えば、立ち上がった子どもは「あそこにお父さんがいる」ということで、ただ、お父さんに向かっていくだけなんです。宇宙遊泳のような感じですね。それがだんだん、向かう所に歩けるような力が出てくる。その時の、歩く力の内在した能力としては「向かう」ということなんです。─

前述の抜粋は、沖正雄さんというドイツ在住のシュタイナー教育に関わる方の講演記録の一部。とても惹かれた箇所だったので、冊子を読み終えてからも自分の中で言葉が残ったまま。反芻していると、ちょっとずつ気づきが生まれてきた。それは「働くこと」も同じだなぁという事。例えば「人を助けたい」という気持ちのあらわれが、ある人は料理を作ることかもしれないし、別の人は髪を切ることかもしれない。でも、出発点は「助けたい」というその一点。外の見え方が違うだけ。内在しているものこそが大切で、目先はその時々で変わってもいいんじゃないだろうか。料理人が美容師になってもいいし、デザイナーが農家になっても、きっといい。僕の仕事の大部分は「相手の話を聞く」という時間で、端から見るとデザインしている様にはまるで映らないかもしれない。だけどその時間こそ、僕なりの「向かう」のあわられで、その結果、デザインという形でこの世に出てきている。そんな内と外の関係。面白い。「外見は一番外側にあらわれた内側」とかいう誰かの言葉。言い得て妙ですね。

写真は息子と公園にて。どんどん成長する彼はいつも全力。興味のあるものへまっしぐら。走り負けないようにしないと…。そして、今日は僕の誕生日だったので、妻と郊外へ出向いて昼間から祝杯。晩には父から不器用なバースデーコールのサプライズも。笑 今を共に過ごし、明日へと向かってくれる家族や大切な友人たちに心より感謝を。

視点の高さ

2014/01/13

DSC_0516

近所の山に登るのがつかの間の息抜きとリフレッシュになって好きだ。長崎市の市章は五芒星がモチーフなのだが、なぜこの形なんだろう?とずっと疑問だった。その理由が明治時代の世界的な金星観測調査の地であった為と知人から教えてもらったのは最近(でも長崎市の公式説明は違う)、その金星観測碑跡があるのも近所の山の上だった(ちなみにピラミッドもある)。何度か息子を抱えて登ったりしていたが、今日一人の時間が出来たのでゆっくりと普段歩かないルートから登った。途中の段々畑から長崎の街並みを見下ろしていると、自分がぐわんと広がった感覚になって、なんだか空の上から見つめているようだった。鳶が目の前を横切って弧を描く。彼らにとってはそこは空で、僕にとっては畑の中を縫う細い階段の鼻先。斜面の持つアングルにクラクラしながら石段に腰掛け息を吐いた。家々の中ではそれぞれの家族が、掃除をしたり食事をしたり子どもとうたを歌ったり、めいめいの時間を生きている。それが何千戸と連なって眼下に広がっているのだ。神様みたいな気持ちになる。そして思った。考える範囲というのも同じ事かもしれないな、と。例えば家の中の事は家と自分の視線がフラットだから考える事が出来ている。だけど空の上の視点になったら自分の家なんて小さすぎる。そんな時に自分の家の台所の事なんてどうでもいい。王様や殿様だって城のてっぺんから自分の国が見渡せられたから、全体の事を考えられたんじゃないのかなぁ。もっと多くの人が視点を高く持てたら、争いや問題ってずっと少なくなるはず。そんな、「物理的な視点が考える範囲を決めるんじゃなかろうか理論」。想像力の翼、って上手いことばですね。

さぁ行こう。

2014/01/10

DSC_0468

あけましておめでとうございます。いつも葉と根(これブログです一応)に来て頂きありがとうございます。去年より更新が多くなりますので良ければお付き合いください。(去年は何だったんだろう、いやその前の年もか、いやその前の前も…あぁホームページが出来て良かったなぁ)ということで2014年初頭に当たり、想いやこれからの事をあれこれ箇条書きです◎農的な仕事及びライフスタイルが一歩進みそう◎離島へ行くことになった◎メディア対応が増えそう◎仕事場のスペース的な問題◎関連して引越し問題(昨年より持ち越し中)◎ランニングかウォーキングか◎フットサルがようやく再開◎ギター教室を薦められるが本当はピアノが好き(勿論弾けない)◎カメラの事もうちょっとちゃんと知ろうと思う◎アナスタシアアミ小さな宇宙人を連続して読破し意識がまた変化◎始めに言葉ありきということ◎身近な人達の凄さをあらためて実感◎やっぱり筆無精だった ※写真は小浜から千々石へと抜ける緑のトンネル脇からの一枚。さぁ行こう。

こういう時間

2013/12/31

DSC_0493

年末は実家のミカン収穫の手伝いへ。前日から今年最初の雪が降ったりしたけど、強引に決行。ミカン山に登るとまだちらほら雪景色。たまに晴れたり、また降ったりの繰り返しの中、総勢6名でただただパチパチとミカンを採っていると、いつの間にかぼーっと無心状態になっていて、普段のデスクワークから身も心もすっかり逃避出来るのが良い。親戚や兄弟と世間話したり、焚き火にあたったり、昼間から無礼講でお酒飲んだり(苦笑)、前記事の印刷作業のつづきみたいな、皆でひとつに向かっての作業。フリーで仕事しているとこういう時間はあまり無い。高校生だった頃、東京に就職するか長崎に残るかという選択をひとり抱えこんでいた夏の夜に、畑から見た打ち上げ花火で、「残ろう」と決めたことがあった。あの夜も父親と近所のおじちゃん達とで、トラックの荷台の上でカレー食べつつお酒を飲みながら(僕もビールぐらい飲んでたかな)、花火大会を見物していた。なんだかこういう時間こそ大切なんじゃないか、とか17才なりに感じたのが理由だった訳で。そしてその選択というか直感は今でも間違ってなかったように思う。どうぞ来年も皆様にとって良い年になりますように。

ナガサキリンネの新聞

2013/12/27

DSC_0491

第3回が2014年11月5日(水)〜9(日)の開催に決定したナガサキリンネ。今までと同じ長崎県美術館と国指定史跡「出島」での開催です。今春開催した第2回ナガサキリンネの報告を兼ねた新聞「ナガサキリンネプレス」が本日刷り上がり、県内外各所へ配布する準備へと移りました。右上の開催決定!印は、実行委員メンバーによる活版印刷。だるまの目の様に、一枚一枚想いを込めてプレスしました。がしゃんがしゃんと活版印刷機が心地良いリズムで鳴り響き、仲間たち同士の語らいも弾む午後。こういう時間こそ、きっといつか想い出すんだろうなぁ。

季刊「樂」22号発売開始です。

2013/12/26

DSC_0487

デザインで関わらせてもらっている季刊「樂」最新号が昨日より発売開始です。特集は「長崎の本棚」表紙は長崎地方史研究家・越中哲也さん。ラジオから聞こえるやさしい語り口が近所のおじちゃんのようで勝手にファンです。大好きな長崎県立図書館も掲載されていたり、作家へと転身された元ライターの小山内恵美子さんもインタビューされていたりと、こたつの中で読みながらウトウト出来る仕上がりに。おすすめの長崎本紹介という事で僕も三冊を紹介。『森正洋の言葉。デザインの言葉。/森正洋を語り・伝える会(美術出版社)』『ちいさなうさこちゃん/ディック・ブルーナ、石井桃子訳(福音館書店)』『心の苦しみを癒す〈無限の心〉になるための方法/稲福薫(ボーダーインク)』と後半2冊は自分でも結構強引やなぁ…とは思いながらも、編集部のOKサインが出たので嬉々として推薦記事を書きました。興味のある方は是非。

 

→ http://ra-ku.jp

ホームページが新しくなりました。

2013/12/25

_97A2185*

お待たせしました。このたびホームページが新しくなりました。(はい。ようやく)仕事集は掲載予定プロジェクトがまだ多数控えているので、随時画像を増やしていきます。機会ありましたらご覧になってください。細かなページ修正にも対応してくれたウェブデザイナー山崎進君、多くの制作物の撮影を引き受けてくれたHuaPhoto仲地俊裕さん、お二人が居なくては完成しましせんでした。ありがとうございます。自分自身を振り返ったり、考えをまとめたり、貴重な機会になりました。進む方向がより明確になり、すっきりとした心持ちです。これからの仕事への取り組みがまた一段と楽しみになりました。さて、あとは年賀状ですね、っと。※画像はプロフィール撮影が行き当たりばったりでことごとく失敗し、何も思いつかない当人。

子どもたちの夢

2013/12/24

kawaguchishiA4

クリスマスイブです。すっかり10日ばかり過ぎてしまいましたが、埼玉県の川口市立科学館「空と宇宙ののりもの展」の広告デザインを担当させていただきました。モノクロ1cでザラ紙印刷という仕様を逆手に取った漫画コミック風なレイアウトデザインが功を奏し、快諾採用されました。(笑)宇宙、ロケット、科学館…子ども達と元少年達には甘いロマンいっぱいな響き。我が家の息子も夢中の自動車からロケットへと移行する日が来るのかどうか。まずはサンタクロースをいくつまで信じ込ませられるのかな、とか。親になった楽しみはここにもあるなぁ。子どもたちの夢を育むデザイン、どんどん取り組んでいきたいです。

晦日

2013/12/03

IMG_3916*

11月中にホームページリニューアルと言いながら、えっと12月2日です…。公開もう少しですのでお待ちを…。裏であくせくしてます、はい。…ということで気を取り直して、ちょっと宣伝。友人の桑迫賢太郎君が現在、久留米のカンブツ屋+cafe空豆さんにてカレンダー原画展を開催中です。12月14日(土)までですので、お近くの方や興味のあられる方は是非。空豆さん、簡素な落ち着く空間です。デザインを手掛けさせていただいているSavon de Rinさんのコスメやオイル、大好きな川添酢造さんの味噌も置いてあったり、えのき星なる乾燥えのきがちょっとツボだったり、目の前の公園はなんだか我が家の息子お気に入りだったりと良いお店です。そして駅前の無添加のラーメン屋さん「中る(あたると読みます)」のしょうゆラーメンときたら…。もう、ねぇ、最高です。明日3日(火)は新月のようで、今日は晦日(みそか)だとか。新月、新しい物事の始まり。確かにそうかも。年末だけど今月からまた色々と動き出す予感満載。とりあえずホームページだ、ホームページ。

 

前夜その2

2013/11/22

top_010

こんにちは。前夜その2、なかなか更新されず。またしてもリニューアルが遅々として進まないのかと思いきや、実は進みました。はい、進んでます。撮影とかサイトのフレーム構築とか、色々な方の力を借りて自分を見つめ直しておりました。どういう想いで今に至るのかと深く内側に降りていくと、たった一行の言葉に悩んだり、装飾的なモノや機能はやっぱり要らないよねと気付いたり。こらこら外見だけ格好つけてどうすんのさ。というもうひとりの自分の声に頷いたり、抗ったり。完成したサイトを見たら、このサイトのどこに時間が掛かったんじゃーい的な声は、多分、挙がります。(笑)関わったプロジェクトの数々を振り返りながら、しっかり整理整頓になってます。あー、貴重な経験。ということで11月中の完成を目指して、最後の追い込み中です。また是非来月覗いてみてください。さて、告知もすっかり遅くなりましたが、明後日24日、Cielのともさん企画の「ちいさなちいさなまるしぇ」開催。写真はデザインさせて頂いたイベントフライヤー達です。巷はすっかり○○マルシェなイベントが多いなか、何処とも重ならないオリジナルなメンバーが揃ったまるしぇになってますよ。出展者さんが九州圏内から集まってくれるのも、ともさんの人徳だね。美味しい食べ物、面白い人、日曜が楽しみです。妻も外ヨガをするようなんで、そいは晴れんば寒かばい。と方言丸出しで心に想いました。詳細はCielブログにて。